2018/08/06
2018年7月21日、福島競馬場。 ウイナーズサークルで肩を並べた馬主と騎手──大野裕氏と大野拓弥騎手の、笑顔が弾けた。 それは非常に珍しい『馬主と騎手、親子でのJRA勝利』の瞬間だった。 男同士の家族らしく、交わした言葉は非常にシンプル。 父は子に「サンキュー」と伝え、子は父に「良かったね」と答えたという。...

2018/08/04
突然ですが、皆さまは東京競馬場内のJRA競馬博物館で開催されるイベント『UMARTs』をご存知ですか? 武蔵野美術大学とのコラボで実施されている、2018年で第6回目を迎える美術イベントです。 今回はその『UMARTs』について、お話を伺ってきました!

2018/07/27
「牛に引かれて善光寺参り」という言葉がある。 心の貧しい老婆が、庭に干していた布を引っかけていった牛を追いかけているうちに善光寺にたどり着き、そこで信心にめざめた、というようなお話だ。 私の場合は「牛」ではなく、とある記事だった。 オガタKSNさんによる、川崎競馬場の訪問記。

2018/07/26
日本馬による海外遠征が増えてきている昨今、遠征先としてさらに注目度をあげている香港。 今回は、日本の競馬ファンにも馴染み深い存在と言える香港の競馬を解説していきます。

2018/07/20
「日本にも、野生に近い状態の馬を観ることができる場所があるらしい」 私がSNSで宮崎県串間市「都井岬」という存在を知ってから、約1年の時が過ぎました。そしてついに先日、行ってみたかったその場所に一人旅を敢行。今回はその日の思い出を、写真とともに振り返ります。

2018/07/17
近年はサクソンウォリアーを始めとする「日本血統」が活躍するニュースも多く流れ、日々注目が高まっている海外競馬。 そこで今回は「海外に輸出された日本の血統」を中心に、日本競馬と海外競馬の関係や歴史を簡単に紹介してみようと思います。

2018/07/15
因縁のライバル……とまでいかないが、腐れ縁というような関係の馬はいるものだ。 今回の記事でいうと、タイセイファントムとイーグルカザンの2頭がそれにあたる。

2018/07/14
2017年11月25日、豪州のオーナーより、1頭の競走馬の死亡が発表された。 アドマイヤデウス号 牡6歳 父 アドマイヤドン 母 ロイヤルカード JRA戦績 22戦5勝(GⅡ 2勝) それは自身が豪州馬として予備登録していた、JCの前日の夜であった。 豪州に移籍後、一度も走ることなく、道半ばで彼の馬生は幕を閉じた。...

2018/07/13
天気が良い日の午後だった。 川崎駅を降り、ぶらぶらと川崎競馬場へと向かう。競馬場への道を左折する時に「このあと、横断歩道あったっけ?」と不安になり、わざわざ歩道橋を渡る。毎度のことだ。毎度のことだけど、不安になるものは仕方がない。...

2018/07/10
大宮駅17番線ホームに、JR東日本E5系新幹線が滑り込んで来る。

さらに表示する