2018/10/13
1998年9月27日。巨星、堕つ。 ナリタブライアンの訃報は、あまりにも突然だった。 そして、その年の真夏、フランス・ドーヴィル競馬場。 G1・モーリスドギース賞、シーキングザパール・武豊騎手、1着。 G1・ジャックルマロワ賞、タイキシャトル・岡部幸雄騎手、1着。 東西の名手に導かれた日本調教馬が、「世界」の舞台で輝いていた。...

2018/10/09
オーストラリアのビクトリア州、州都メルボルン。そこで行われる、ビクトリア州最大の1歳馬セリがある。 イングリス・メルボルン・プレミア・イヤリングセールだ。 2018年3月4日から7日にかけて行われたその1歳馬セリでは、1070頭が上場され799頭が売却された。 その中の1頭、lot364の購入者の欄に、D Takahashi の文字はあった。...

2018/10/08
2013年1月30日。 一頭のサラブレッドがこの世に生を受けた。 父ディープインパクト、母マルペンサ。 ノーザンファームに生まれたこの馬の額には、きれいなダイヤモンドの形をした流星が流れていた。 サトノダイヤモンド。...

2018/10/07
天高く馬肥える秋になりました。マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnⅠ)が行われる季節です。 岩手競馬のホームページを開けば、筆文字で「南部杯」と書かれた和風のバナーが輝いています。さっそくバナーをクリックすれば、金色を基調とした画面に、家紋と綺羅星のようにちりばめられた過去の優勝馬達が現れました。...

2018/10/06
エルコンドルパサー、ナカヤマフェスタ、オルフェーヴル……数々の名馬が挑戦するも、悲願にあと一歩届かず涙を呑んできた世界最高峰の舞台「凱旋門賞」。 日本馬にとって高き壁となっている凱旋門賞が行われるのは、イギリスと並んで欧州の競馬大国に位置するフランスです。...

2018/10/05
岩手県盛岡競馬場で毎年行われるJpnⅠマイルチャンピオンシップ南部杯(以下、南部杯)。 数々の名馬、名勝負が生まれたこの大レースの存在は、地方競馬ネット投票が普及したこともあり、今や中央競馬のファンにとってもよく知られるところとなったと思います。...

2018/10/01
ウマフリ読者の皆さま、はじめまして。 金沢競馬のフリーペーパー「遊駿+(ゆうしゅんプラス)」の編集長・ヨドノミチと申します。 「遊駿+」は『ファンが作る、金沢競馬をもっと楽しむ情報誌』として金沢競馬場内で不定期に配布を行っているフリーペーパーです。 創刊は2006年の白山大賞典号。...

2018/08/25
こんにちは、しみっちです! 僕は全国・海外の競馬場を回りながら東日本大震災の復興支援メッセージを書いていただく旅をしている競馬ファンです。 何故、そのような旅に出たのか? 今回はそんな僕の「旅のはじまり」についてお話させてください。

2018/08/06
2018年7月21日、福島競馬場。 ウイナーズサークルで肩を並べた馬主と騎手──大野裕氏と大野拓弥騎手の、笑顔が弾けた。 それは非常に珍しい『馬主と騎手、親子でのJRA勝利』の瞬間だった。 男同士の家族らしく、交わした言葉は非常にシンプル。 父は子に「サンキュー」と伝え、子は父に「良かったね」と答えたという。...

2018/08/04
突然ですが、皆さまは東京競馬場内のJRA競馬博物館で開催されるイベント『UMARTs』をご存知ですか? 武蔵野美術大学とのコラボで実施されている、2018年で第6回目を迎える美術イベントです。 今回はその『UMARTs』について、お話を伺ってきました!

さらに表示する