インタビュー

インタビュー · 2019/04/20
競馬の世界には様々な「人」が関わっている。 騎手、調教師、厩務員、獣医師、装蹄師──。 そして、競走馬を所有する「馬主」もまた、競馬に欠かすことの出来ない「人」だろう。 さて、みなさんは「馬主」というと、どんな人物を想像するだろうか? 例えば、キタサンブラックの北島三郎氏。 もしくは、コパノの冠名でお馴染みのDr.コパ氏。...

インタビュー · 2019/04/12
東映AGから発売中の「トレーディングmini色紙」。 ターフィーショップや通販サイトなどで好評発売中の人気グッズだ。 第一弾のキタサンブラックを皮切りに、第二弾オジュウチョウサン・第三弾ゴールドシップ・第四弾2018年度JRA賞馬と、シリーズごとに名馬にスポットをあてて色紙を作成してきた。...

インタビュー · 2019/04/05
新しい乗馬のフリーマガジン「馬旅」。 2019年の4月1日に創刊号が発行されたばかりという、まさに新進気鋭の馬系メディアだ。 4月、7月、10月、1月の年4回というペースで発行していく予定で、電子ブック化されたWEB版もすべて無料。 さらに配布場所は、全国の乗馬倶楽部約200箇所という幅広さを誇る。(配布場所一覧はこちら)...

インタビュー · 2019/02/24
馬と人の歴史は、5千年も前に遡る。 農耕馬や移動の手段といったように、古来より馬は人のよきパートナーだった。 しかし馬と人の関係は時代と共に変化し、今は馬が身近な存在とは言えなくなってきている。 現代の日本では「馬」と言えば競馬を一番にイメージする人は少なくないだろう。...

インタビュー · 2019/01/25
私が会場に辿り着いた時、既に50名を超える人が集まっていた。 会場の「KAITEKI CAFE」では、司会の方が進行を始めていたが、どうやらパーティーの乾杯の音頭には間に合ったようだった。 ドリンクを受け取ると、慣れない場所に緊張で少し体を強張らせながらも、はじめて会う人々の中へと紛れ込んでいく。 ひとりぼっちで、心細かった。 ──けれど、きっと大丈夫。...

インタビュー · 2019/01/19
「突き抜けるような異次元の末脚」 「澄んだ瞳と凛とした顔、名前」 「世界に挑む、無限の可能性」 これは、とある馬の一口を持つ方が、Twitterで行ったアンケートの項目である。 愛馬の魅力を尋ねたアンケート。 ここには、並々ならぬ愛馬への想いが詰まっている。 『実は、サラブレッドではないのではないか……そう思ってしまうほど、全てが完璧な馬。...

インタビュー · 2018/10/09
オーストラリアのビクトリア州、州都メルボルン。そこで行われる、ビクトリア州最大の1歳馬セリがある。 イングリス・メルボルン・プレミア・イヤリングセールだ。 2018年3月4日から7日にかけて行われたその1歳馬セリでは、1070頭が上場され799頭が売却された。 その中の1頭、lot364の購入者の欄に、D Takahashi の文字はあった。...

インタビュー · 2018/10/01
ウマフリ読者の皆さま、はじめまして。 金沢競馬のフリーペーパー「遊駿+(ゆうしゅんプラス)」の編集長・ヨドノミチと申します。 「遊駿+」は『ファンが作る、金沢競馬をもっと楽しむ情報誌』として金沢競馬場内で不定期に配布を行っているフリーペーパーです。 創刊は2006年の白山大賞典号。...

インタビュー · 2018/08/06
2018年7月21日、福島競馬場。 ウイナーズサークルで肩を並べた馬主と騎手──大野裕氏と大野拓弥騎手の、笑顔が弾けた。 それは非常に珍しい『馬主と騎手、親子でのJRA勝利』の瞬間だった。 男同士の家族らしく、交わした言葉は非常にシンプル。 父は子に「サンキュー」と伝え、子は父に「良かったね」と答えたという。...

インタビュー · 2018/08/04
突然ですが、皆さまは東京競馬場内のJRA競馬博物館で開催されるイベント『UMARTs』をご存知ですか? 武蔵野美術大学とのコラボで実施されている、2018年で第6回目を迎える美術イベントです。 今回はその『UMARTs』について、お話を伺ってきました!

さらに表示する