ブログカテゴリ:ブログ



2019/04/24
黒・桃格子・桃袖。 その勝負服は、強烈な突風をターフにもたらします。 ローマンエンパイア。 サウンドオブハート。 そして、ファンディーナ。 ──そう、ターファイトクラブです。 近年の一口馬主クラブ所属馬の台頭は、「広尾TC編」で書いておりますのでここでは割愛しますが、いわゆるノーザン系以外からも十分に大物がでる可能性はあります。...

2019/04/24
今回から「南関名勝負」と題しまして過去の名勝負をご紹介していきます。私は地方競馬に興味を持ち始めたのはおおよそ2000年以降ですので、大ベテランの先輩方からすれば比較的新しいレースが中心になるかと思いますが、南関競馬にまだ興味をあまりお持ちでない方にもご覧いただければ幸いです。...

2019/04/23
皆さまこんにちは。 高知競馬の様々な魅力をご紹介していくことになりましたパッパカです。 よろしくお願い致します。 2017年の春、第5回土佐春花賞が行われた高知競馬場に来て、高知競馬にはまりました。...

2019/04/22
ウマフリ読者の皆さま、初めまして。 縁あって寄稿させていただくことになりました、オラシオンです。普段は引退馬支援の活動をさせていただいております。 今回は、そんな引退馬支援について、皆さまに考えていただけたら、と思い筆をとりました。 ■私が『引退馬』のその後に気がつくまで。...

2019/04/21
そうだ、カメラを買おう。 最近は、スマホのカメラもいいものばかり。 何も一眼レフじゃなくても、十分過ぎるほどに、写真は撮れる。 しかし、競馬のレースシーンとなれば話は別。 スマホでは写せない「本気の戦い」のワンシーンを切り取っておさめることができるのが、一眼レフである。 私が一眼レフを手にしたのは、2011年の秋のことだった。...

2019/04/20
競馬の世界には様々な「人」が関わっている。 騎手、調教師、厩務員、獣医師、装蹄師──。 そして、競走馬を所有する「馬主」もまた、競馬に欠かすことの出来ない「人」だろう。 さて、みなさんは「馬主」というと、どんな人物を想像するだろうか? 例えば、キタサンブラックの北島三郎氏。 もしくは、コパノの冠名でお馴染みのDr.コパ氏。...

2019/04/19
2001年12月16日、香港ヴァーズ。 50戦目、しかも引退レースでついにGI制覇という勲章を手に入れ、絵にかいたような大団円を迎え、現役生活を終えたステイゴールド。 ファンの目から見れば、6歳時に目黒記念でようやく初めて重賞を勝ち、ある意味これがゴールかなという想いも、少なからずありました。...

2019/04/18
褐色で紺髪ロングの美少女──私がヒシアマゾンを初めて見た時の印象です。 こんなにかわいい女の子は今まで見たことない! ずっとこの子を応援したい! と、その時心に誓いました。

2019/04/17
2009年3月6日、日高の出口牧場で産まれたゴールドシップ。 この牧場の産駒で中央の重賞勝ち馬は、1988年アルゼンチン共和国杯を勝ったレジェンドテイオーただ一頭。 後に代表の出口氏が、「宝くじに当たったようなもの」と語ったのも頷ける話です。...

2019/04/17
生きとし生けるものである限り、別れは突然来る事がある。 我々人間も、競走馬も、それは変わらない。 彼の訃報も突然だった。 シャケトラ。 劇的な復活を遂げながらも、そこから数ヶ月のちにこの世を去る事となった重賞馬だ。 彼の主な勝ち鞍は2017年日経賞・2019年AJCC・2019年阪神大賞典。 しかしこの実績だけが、彼の全てではない。...

さらに表示する