ブログカテゴリ:小川春佳



土曜日になると、父は難しい顔をして新聞を睨んでいることが多かった。 小さい頃は仕事をしていると思っていたのだが、どうやら違う。 それが競馬の予想をしているということに気づいたのは、小学校4年生の頃だった。 「競馬?」 「せやで、1着はどの馬になるかを当てるねん」...