ブログカテゴリ:競馬初心者マン



2018/12/18
2018年12月2日、チャンピオンズカップ(GⅠ)が行われました。そこでは3歳馬のルヴァンスレーヴ(美浦・萩原清厩舎)が1番人気に応え、見事優勝。3歳シーズンを終えて8戦7勝──さらにはたった一度の敗けも2着、という素晴らしい戦績はまさにチャンピオンに相応しいものでしょう。そんな若き王者が初めて挙げた重賞勝利──それが全日本2歳優駿でした。 今や2歳ダートチャンピオン決定戦としてお馴染みのこのレース。 歴史は古く、1950年に「全日本三才優駿」として、川崎競馬場で実施されたのが始まりでした。その後は1400M、1600Mと徐々に距離を延長しながら、名称も「全日本3歳優駿」(1988年~)と改めた後、さらに2001年に馬齢を国際基準に合わせ、現在の「全日本2歳優駿」へと変わりました。また、1997年には既に全国指定交流競走になっていましたが、2002年からはダートグレード競走のGⅠに格付けが上がり(現行表記はJpnⅠ)、それに従ってそれまで以上に実力馬が集う「名レース」へと進化します。 過去の優勝馬にはアベイ・ド・ロンシャン賞(仏GⅠ)を優勝したアグネスワールド(1997年)、天皇賞・秋やフェブラリーステークスを勝利したアグネスデジタル(1999年)、マイルCS南部杯を制したユートピア(2002年)、帝王賞や川崎記念を勝ったフリオーソ(2006年)、上述のルヴァンスレーヴなど、その後も大活躍した名馬が名を連ねています。 その他の優勝馬も、長く重賞戦線で好走する馬が多く、どちらかと言えば早熟傾向な馬が勝ちやすい「2歳重賞」のイメージとは少々異なる印象です。今回はその豪華多彩な優勝馬から、3歳時には南関東の唯一の四冠馬となり、フェブラリーステークスでも2着と好走したトーシンブリザードを取り上げます。

2017/11/02
 2001年10月31日水曜日。  アメリカのブリーダーズカップに範をとり、一日で複数のG1(当時はJpn1ではなくG1。また、レディスクラシックはなく、クラシックとスプリントの2つでした)が大井競馬場で実施されました。...

2016/10/10
 今年の7月、種牡馬として韓国で繋養されていたメイセイオペラが惜しくもこの世を去りました。22歳でした。...

2016/06/18
いよいよ上半期の馬券決算期を迎えましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 粉飾決算の誘惑を振り切るためにも、この辺で大きく儲けたいところですね。目標はあくまで高く!です。 さて、初心者が地方競馬の魅力を紹介する連載も、後編となりました。...

2016/06/03
初夏を迎え、日々上昇する気温と湿度。 G1シーズンも終盤を迎え、すっかり腑抜けた競馬ファンを蒸し暑い季節が襲います。 けれど日本に暮らす以上、四季からは逃れられません。こうして先週の馬券を後悔する間にも、空っぽになった財布を温い風が通り抜けていきます。そりゃあもう、ぴゅーぴゅーと。...