ブログカテゴリ:笠原小百合



2018/10/09
オーストラリアのビクトリア州、州都メルボルン。そこで行われる、ビクトリア州最大の1歳馬セリがある。 イングリス・メルボルン・プレミア・イヤリングセールだ。 2018年3月4日から7日にかけて行われたその1歳馬セリでは、1070頭が上場され799頭が売却された。 その中の1頭、lot364の購入者の欄に、D Takahashi の文字はあった。...

2018/06/20
「サラブレッドのふるさと」として競馬ファンに馴染み深い北海道・日高地方。 そんな日高地方の現実をあなたは知っているだろうか? 「日高の現実は厳しい」 そうはっきり口にするのは、日高・新冠町へ移住した若勢文太さんだ。 競馬が好きで、競馬のために何かしたい一心で新冠町へと移り住んだ。...

2018/06/15
「ライバルが少ないうちに勝ち上がりたいですからね。そこを目指して調整をきちんとすれば、1週目にだって間に合います」 昨年の2歳馬インタビューで、ミルファームの清水代表はそう告げた。 早期デビューが多いことに対する、ミルファームの答え。 言われてみればその通りなのかもしれない。...

2018/06/10
2018年4月29日、天皇賞・春。 魂の走りで、レインボーラインはゴール板を先頭で駆け抜けた。 GⅠ挑戦10回目にして、遂に掴んだGⅠ馬の称号。 ウイニングランをするレインボーラインを多くの観衆が祝福の拍手で迎え入れる……はずだった。...

2018/05/22
子どもの頃、わたしにはたくさんの友達がいた。 猫に犬、うさぎにペンギン。 少女だったわたしは、たくさんのぬいぐるみに名前をつけて遊んでいた。 もうどんな名前をつけていたかほとんど忘れてしまっているが、今でも覚えている2人の友達がいる。 うさぎのジュリエットと、水色の馬のミホノブルボンだ。

2018/05/19
大接戦のオークス──その言葉で、あなたはどのオークスを思い浮かべますか? 怒涛の追込みからのハナ差決着。 長い写真判定の末の同着。 5着までが横一列でのゴールイン……。 誰もが勝利を確信する圧勝劇も気持ちが良いものですが、手に汗握る大接戦のゴール前はまた違った熱狂があるかと思います。...

2018/02/17
2017年2月。 ゴールドアリュール急逝の報せを受けた翌日、ゴールドアリュール産駒のゴールドドリームがフェブラリーステークスを勝利した。 亡き父に捧げるG1勝利に心動かされた人も多かったことだろう。 今やゴールドアリュールの子どもたちは、ダート界で圧倒的な強さを誇っている。...

2018/02/16
暦の上では春を迎え、若駒誕生の報せも届き始める2月の第3土曜日。 競馬ファンの胸の内は熱気に満ちていた。 実力派揃いの混戦模様となった2017年のフェブラリーステークス。 どんなレースになるのか楽しみな気持ち、勝馬を予想する悩ましい気持ち。 様々な想いをそれぞれが抱き、翌日に行われる年明け最初のG1開催を楽しみにしていた。...

2017/10/27
地方競馬と中央競馬。普段は隔てられている2つの競馬界。 その交流重賞が1日に3レースも行われる一大イベントがある。 それがダートの祭典・チャンピオンデーであるJBCだ。

2017/06/17
驚異の1レース8頭出しなどで話題に事欠かない牧場といえば? そう、メンコの額に赤い「ハート」と「Mの文字」でお馴染みのミルファームだ。 今回は、ミルファームの清水社長にお話をお伺いすることが出来た。 今年の2歳馬を中心に、ざっくばらんにお話してくださった貴重な内容となっている。 POGの参考にも、ぜひ最後までお付き合いいただきたい。

さらに表示する