ブログカテゴリ:2016年8月



「名馬」を語る · 2016/08/21
6年前、府中競馬場に降りしきる雨の中、3歳牝馬達がゴールを駆け抜けた、オークス。そこで日本競馬史上初のG1同着優勝を、サンテミリオンと共に成し遂げた名牝が居たのを覚えているだろうか。 史上3頭目の牝馬三冠馬、アパパネである。...

今回の企画に参加させて頂くことになりましたガールズユニットGallop+の桜木りなです! 私は競馬に触れるのはは初めてで 今回の企画では たくさん色んなことを知れたり 勉強になることがあると思うので とても楽しみにしています。 実際に競馬場で走る馬を見たら きっと迫力がすごいでしょうし 自分が指名した馬もどうなるかすごくドキドキしそうなので...

今回企画に参加させて いただくことになりました Gallop+の久野ひなです。 競馬で1番印象的なのは スタートの時に、すごい勢いで一斉に 走りだす瞬間だと思います! 実際にスタートの瞬間も見てみたいですし 走っている馬の迫力やドキドキ感など その場にいないとわからない感情なども 味わってみたいなと思いました。 私は競馬経験0ですが今年で20歳になり...

はい、どうモズ。 東北訛りみたいになってしまいましたが、標準語で喋れます仙台のお笑い芸人みちてです。 今回は、現在500万下条件で好走を続けている「イザ」や、15年園田プリンセスカップ2着、16年兵庫ダービー4着の活躍をみせている「ナツ」などを所有する、松田整二オーナーの特に気になるセージ馬をご紹介したいと思います!

競馬場を楽しむ · 2016/08/16
こんにちは!みれちかといいます! 以前ウマフリさんで岩手競馬の魅力について、僭越ながら語らせていただきました。 ➡「岩手競馬の魅力」 今回は7月18日に盛岡競馬場で行われたジャパンジョッキーズカップについて書いていきたいと思います!

黒潮盃の歴史は古い。 第一回はなんと1967年。 優勝馬は知る人ぞ知る、ヒカルタカイ号。初代の南関三冠であり、中央に移籍後も天皇賞春を約17馬身差の圧勝・宝塚記念をレコードタイムで勝利した名馬だ。...

「名馬」を語る · 2016/08/14
澄んだ瞳。凜とした眼差し。 鹿毛の美しい馬体に端正な顔立ち。 堂々とした、気品ある立ち居振る舞い。 パドックで彼が目の前を通る度に、空気が変わる。 そして今もなお「障害の申し子」と言われた飛越センスで、話題を独り占めしてしまう。 「アポロマーベリックって、飛越上手いよね」 「綺麗だったよね」...

「競馬」を学ぶ · 2016/08/13
身長172cmのすらりとしたスタイルに、爽やかな笑顔。 紳士的な佇まいに、確固たる技術による美しい騎乗。 多くの黄色い声援を受けてきた、日本近代競馬における中心人物の一人とも言える武邦彦氏が、2016年8月12日、亡くなりました。...

「競馬」を学ぶ · 2016/08/11
都内で競馬を楽しんでいる大学生の三宅海羅です。 わたくしなりに日本馬の血統について、つたないながらも書いてみようと思います。

はいどうモズハツコイ! 仙台の競馬大好きお笑い芸人みちてです。 前回の記事それいけシゲル軍団の巻の反響がナカナカ(馬名ですよ!) 大きかったので、イキオイ(馬名ですよ!)そのままに、今年のNHKマイルカップに出場したシゲルノコギリザメをはじめとした、とにかく「今が旬」な魚シリーズ(13年産)から特に気になる名前を持つ馬を紹介していきたいと思います