ブログカテゴリ:2019年5月



「名勝負」を語る · 2019/05/19
樫の女王を決める伝統の一戦、優駿牝馬。 3歳牝馬の頂上決戦ということもあって、これまで数多くの名勝負が繰り広げられてきた。記憶に新しいオークスと言えば2018年・アーモンドアイが制したオークスだろう。昨年クラシック戦線を1度も落とすことなく駆け回り、牝馬三冠達成後には驚異的なタイムでジャパンカップを制覇──。...

一口&POG情報 · 2019/05/17
とてつもない熱意をもって、クラシックを目指す一口クラブがある。 それが、DMMドリームクラブだ。 巷では「バヌーシー」の呼び名の方が浸透しているだろうか。 2017年、夏。 彗星のごとく現れたのが、DMMドリームクラブだった。 DMMドリームクラブは北海道で行われたセレクトセールにて、初年度から3頭の競走馬を購入。...

「名勝負」を語る · 2019/05/12
競馬にはクラシック競走という伝統的な競走がある。日本ダービーやオークスなどのこれらのレースは3歳馬しか出られないため、各レースとも挑戦権は1回のみ。だからこそ、クラシック競走の勝ち馬はクラシックホースとして多くの人々の記憶に残ってゆく。...

「名勝負」を語る · 2019/05/10
この馬にこの騎手あり、この馬にこの調教師あり。 サラブレットは人が作った最高の芸術品であり、馬を走らせるは人の匠がなせること。 世界中に時代ごとに名伯楽と敬意を持って評される調教師がいる。 そして、その馬の全てを知り尽くし、まるで己の意思が馬に乗り移ったかのように縦横無尽に操る名騎手がいる。...

一口&POG情報 · 2019/05/09
はじめまして、しがないと申します。 2003年から一口馬主を始めて16年(諸先輩方からするとまだまだ新参者とは思います)が経ちました。 一口馬主ではリアルインパクトを筆頭に、大変すばらしい馬たちに巡り合うことができた私ですが、一口馬主としての馬選びのスタンスは「とにかく毎週楽しむことができること」です。...

「名勝負」を語る · 2019/05/08
有馬記念を連覇したグラスワンダー。 スプリンターズSでタイキシャトルを撃破したマイネルラヴ。 英仏のG1を制覇したアグネスワールド。 有馬記念でも2着に食い込んだ重賞4勝馬、アメリカンボス。 1995年生まれの「マル外」は、本当に素晴らしい馬が多かった。...

赤ちゃんはコウノトリが運んでくると言われるが、我が家の場合は馬だった。 早朝4時。みんなが寝静まった頃、じわっと水の漏れる気配を感じて飛び起きた。 まさか三十過ぎになって粗相だなんて──と思ったが、冷静に考えてみるとそうではない。 当時わたしは妊娠中で、臨月に入ったばかりだった。 咄嗟に「破水」という単語が脳裏を過る。...

写真で楽しむ · 2019/05/06
馬の毛色は全部で8種類。 その中でも特にバリエーションが豊かな毛色といえば、芦毛ではないでしょうか。 今回はそんな芦毛馬たちの毛色の違いを写真で見ていこうと思います。 個性あふれる芦毛馬の魅力をお楽しみください!

「名勝負」を語る · 2019/05/05
3歳のマイル王決定戦「NHKマイルカップ」。 過去にはエルコンドルパサーやクロフネ、キングカメハメハといった日本競馬史に名を残す名馬が、このレースを勝っている。 このレースでは、多くの「G1初制覇」が見られる。 近年でも藤岡康太騎手や秋山真一郎騎手、藤岡佑介騎手らがG1初制覇を達成している。...

「スーパーGⅡ」と呼ばれるレースがある。 それにはしっかりした定義があるわけではなく、個人それぞれの思いがあるだろう。 3歳の春クラシックを前にして戦い、過去の勝ち馬に名馬が並ぶ「弥生賞」や「スプリングS」か。 或いは春秋の天皇賞前のレース「阪神大賞典」や「京都大賞典」か。...

さらに表示する