POGをはじめよう

アルファベットだからか、なんだか小難しく聞こえる、ぴーおーじー。

競馬の世界をふらついていると、ちらほらと目にするこの文字、実は気軽に楽しめる競馬界のゲームなんです。


このページでは簡単に、オーソドックスなPOGのやり方についてご紹介します。


1.そもそもPOGって何?

POGとは、「Paper Owner Game」の略です。ここでいう“Paper”は、いわゆるペーパードライバーと同じように“名目だけで実体を伴わない”ということ。つまり、「(本当はオーナーじゃないんだけど)馬のオーナーになったつもりで遊ぶゲーム」なのです。

2.どうやって遊ぶの?

遊び方の大まかな流れを言うと

オーナーになったつもりで馬を選ぶ

1年間応援する

この2つだけ。とってもシンプルです。

3.具体的に何で競うの?

自分が選んだ(=指名した)馬たち稼いだ賞金額です。

指名馬が実際のレースで5着以内に入ると、賞金額に応じてポイントが入ります。(基本的には「万円」を除いた値をポイントとして数えていきます。)
例えば、指名馬があるレースで1着になり700万円の賞金を獲得したら、700pゲット!

指名馬たちが1年間で稼いだ合計ポイントで競い合います。

4.対象の馬は?

POGで指名の対象となる馬はデビュー1年目の馬です。

「この子なかなかいいね、買おう」とオーナのつもりで指名して、我が子(指名馬)の活躍を願いながら1年間を過ごします。

5.期間っていつからいつまで?

さて、皆さんは競争馬がいつデビューするかご存知でしょうか?

答えは、2歳から、です。

世代最高の栄誉となるダービーが行われるのが3歳の5月末。そのダービーが終わった翌週から、若駒たちは「デビュー可能」な時期を迎えます。早期デビューで経験を積む馬、夏を越えて涼しくなった頃合いに負担なくデビューする馬、年明けで3歳になってから登場してギリギリ間に合わせようとする馬。各馬が思い思いにデビューをして、春の大舞台を目指します。(ちなみに競争馬は、誕生日で年齢が変わる訳ではありません。同年に生まれた馬たちは、世代全員同時に1月に年があがります)


そうした同世代の馬たちを、ダービーの日まで1年間見守るのがPOGの醍醐味となります。

ダービーの翌週から、次のダービーへの戦いが始まるのです。

6.何頭選ぶの?

一般的に10頭です。

POGを始める際にルールとして自由に設定できるので、5頭のこともあれば20頭のことあります。

7.どこでやってるの?

これについても、いくつか種類があります。

①競馬サイト

②ブログ

③仲間内

の3つが基本でしょうか。

については、大きめの競馬サイトであれば、POGを開催していることが多いです。多くのサイトで参加費は無料。『POG』で検索するとたくさん出てきますので、自分の気に入ったサイトで参加登録をすれば良いかと思います。

については、特異なルールなど、様々な特色を持ったPOGを個人で開催している方々がいるので、そちらに参加する方式です。こちらはほとんどの場合が無料です。GoogleやTwitterなどで検索すると、わりと簡単に見つかります。

については、(周囲に競馬好きがいた場合は話が早いのですが)知り合い数人でルールなどを決めて開催する方式です。会社やサークルなど、意外とやっているところは多いかもしれません。特に会社などは、コミュニケーションのツールとしても有効だと思います。社内だけでなくお客様と興じる人もいるとか。


のように、個人で開催したい場合は、POGの成績を無料で自動集計してくれる大きなサイトがあるので、そちらを利用するのがおすすめです。POG開始前に各自の指名馬を打ち込んでおくだけで、毎週、誰が指名したどの馬がどのレースに出るのかがわかる、非常に便利なサイトです。『POG 集計 無料』で検索すれば、すぐに見つかるはず!

8.指名馬は自由に選べるの?

自分の指名したいデビュー馬を指名することができるのかと言うと、一概にそうとは言えません。

大きくわけて2種類の指名方法があります。

①自由指名

②ドラフト指名
①は、好きな馬を決められた数まで選べる方式です。

②は、(見ての通りかもしれませんが)メンバー内でドラフト制で指名をしていく方式です。ドラフト負けしたときのために前もってルールの頭数よりも多めにリストアップしておく必要がありますので、中級者向けかもしれません。しかも、機械的にリスト上位から指名していくと男の子(牡馬)に偏ってしまったり、ゆっくりデビューする馬ばかりになってしまったりするので、戦略や駆け引きも必要となります。好きな人にはたまらない方式かも…?

9.縛りありのPOGって何?

指名できる馬に条件をつけているPOGのことです。

例えば、「ディープインパクトの子供は指名禁止」とか、逆に「ディープインパクトの子供以外は指名禁止」とか。他にも、「大きな牧場出身の馬は禁止」、「女の子(牝馬)限定」、「外国からの輸入馬限定」など、様々な個性あるPOGがあります。

条件を増やすことでゲームの実力差をならしたり、難易度を高めたりと、POGの遊びの幅が広がります。初心者から玄人まで、POGへの門戸はだれにでも開かれているのです!


さぁ、以上の点を把握すれば、あとは馬を選ぶだけ。


あなたも今年から、POGを始めてみてはいかがでしょうか?

文・ウマフリ編集部