倉本匠馬のジャッジ・先週の新馬戦回顧と今週のPOG注目馬ピックアップ NO.2

2016年6月より、先週に行われた新馬戦回顧と今週のPOG注目新馬戦・馬をピックアップするコラムとなりました。

来年のオークスやダービーなどのクラシックやNHKマイルCに向けて、各馬の将来性の参考値を取り上げ、

パドックとレース内容だけでジャッジしていきます。

また、最後に今週のオススメ馬を取り上げ、POGでもお役に立てるように様々な情報を掲載します。

 

ちなみに、昨年度自サイトで行っていた同様のコラムの中で、サトノダイヤモンドをパドックの段階からダービー馬最有力候補としてコラムにて取り上げていました。

 

新馬戦における将来性の参考値

A:世界トップクラス

B:G1級

C:重賞級

D:POG期間内で2勝級

E:1勝止まり

新種牡馬ルーラーシップの期待馬、イブキが夏の重賞路線を盛り上げる!

今週も阪神よりも東京で良い馬が多く見られたので、関東の新馬戦からピックアップしていきます。
今週は日曜日のみですが、5レースの芝1800m戦で、1番人気はセレクトセール6400万にて落札された金子オーナーの所有馬フュージョンロックでした。

 

☆注目馬☆

6月12日(日曜日)

東京5レース

①イブキ(M.デムーロ騎手)

【着順】1着

【将来性】C

【総評】このコラムにて6着のブラヴォバンビーノを推奨したが、レース前に想像していた以上にレベルの高い一戦で、その中で勝利したイブキを取り上げたい。
道中もスムーズな競馬で、抜け出した後も余裕のあるレースを見ると着差以上に強い内容であった。
また、距離はまだまだ伸びても問題ないタイプで、今年の最もレベルが高いであろう新馬戦で勝利した点を見ても、新潟2歳Sに出走すれば勝ち負けが期待できる逸材のはずだ。
一方で、推奨したブラヴォバンビーノも馬場に恵まれなかった点もあったので、叩いた次走の未勝利はおそらく勝ち負けになるだろう。

 

 

そして、最後は今週のオススメ馬のコーナーです。

POG注目馬や穴として取り上げたい馬など多岐に渡ってお届けする予定ですので、ぜひ楽しみにして頂ければと思います。

しかし、今週は特に注目すべき有力な1頭が見当たらなかった為、倉本匠馬がPOGに指名した1頭を取り上げます。

 

☆倉本匠馬がPOG指名したオススメ馬☆

①アロマドゥルセ 牝馬

父:ディープインパクト

母:ジャッキーテースト

厩舎:音無 募集価格:4000万円

【コメント】

リアファルなどキャロットの錚々たる馬達が揃う音無厩舎であるが、この馬は来年の桜花賞を賑わす可能性を秘めた秘密兵器。
半姉にはグレイスフラワーやサトノフェアリーなどがおり、コンスタントに活躍するしている血統で、筆者目線で馬体を見ても社台やサンデーなどを含め一口募集馬の中でトップ3に入る逸材。
また、セレクトセールで取引された馬などを見ても、今年は『牝馬の年』となりそうで、この馬を頭の片隅に覚えておいて頂きたい。

 

文と写真・倉本匠馬


倉本匠馬公式HP

 http://keibakuramoto.jimdo.com/

Twitter

 @ronrikunn