倉本匠馬のジャッジ・先週の新馬戦回顧と今週のPOG注目馬ピックアップ NO.3

2016年6月より、先週に行われた新馬戦回顧と今週のPOG注目新馬戦・馬をピックアップするコラムとなりました。

来年のオークスやダービーなどのクラシックやNHKマイルCに向けて、各馬の将来性の参考値を取り上げ、

パドックとレース内容だけでジャッジしていきます。

また、最後に今週のオススメ馬を取り上げ、POGでもお役に立てるように様々な情報を掲載します。

 

ちなみに、昨年度自サイトで行っていた同様のコラムの中で、サトノダイヤモンドをパドックの段階からダービー馬最有力候補としてコラムにて取り上げていました。

 

新馬戦における将来性の参考値

A:世界トップクラス

B:G1級

C:重賞級

D:POG期間内で2勝級

E:1勝止まり

先週デビュー馬の中では、特に注目すべき馬はいませんでした。

 

 

そして、最後は今週のオススメ馬のコーナーです。

POG注目馬や穴として取り上げたい馬など多岐に渡ってお届けする予定ですので、ぜひ楽しみにして頂ければと思います。

しかし、今週は特に注目すべき有力な1頭が見当たらなかった為、今回は今週のオススメ馬と倉本匠馬がPOGに指名した1頭を取り上げます。

 

☆今週の注目新馬戦☆

6月26日(日曜日)

阪神5レース(芝1800m)

①ガーランドワルツ

父:ハーツクライ

母:スーパーバレリーナ

【コメント】今週の注目は日曜日阪神5レースでデビューするガーランドワルツである。
あの有馬記念・ダービー2着のウインバリアシオンの全妹で、馬体のバランスなどを見てもハーツクライ産駒らしい素晴らしい馬体を持っている。
また、戸崎騎手騎乗も期待の現れで、極端な重馬場にさえ泣かされなければ勝ち負けになりそうな1頭だ。
また、土曜日東京5レースの『ムーンザムーン』にも注目したい。

 

☆倉本匠馬がPOG指名したオススメ馬☆

①メイズオブオナー 牝馬

父:ハーツクライ

母:キャサリンオブアラゴン

厩舎:藤原英 募集価格:2268万円

【コメント】

多数の馬をクラシックに送り込む藤原厩舎所属で、あのリアルスティールを親戚に持つ超良血馬をオススメしたい。
実は、この馬は倉本匠馬が出資・命名した馬(抽選で選ばれた)で、POGの新聞などでも秘密兵器として取り上げられていた超大穴の1頭である。
ベストは1600m付近であるが、同厩舎のストレイトガールを彷彿とさせる馬体と走法をしており、来年の桜花賞に向けて楽しみな1頭だけに、隠れた1頭として推しておきたい。 

文と写真・倉本匠馬


倉本匠馬公式HP

 http://keibakuramoto.jimdo.com/

Twitter

 @ronrikunn