みちての珍名道中膝栗毛 その3

~どんといけシゲル軍団の巻~

はいどうモズハツコイ!

 

仙台の競馬大好きお笑い芸人みちてです。

 

前回の記事それいけシゲル軍団の巻の反響がナカナカ(馬名ですよ!) 大きかったので、イキオイ(馬名ですよ!)そのままに、今年のNHKマイルカップに出場したシゲルノコギリザメをはじめとした、とにかく「今が旬」な魚シリーズ(13年産)から特に気になる名前を持つ馬を紹介していきたいと思います


シゲルババチャン

魚名「タナカゲンゲ」の島根、鳥取地域での通称ということで、立派な魚シリーズであるババチャン。

過去には同じ生け簀に所属していた同世代のシゲルオジサン(現在は佐賀所属)と併せ馬を行い先着したことがあります(笑)

3歳未勝利の牝馬でありながら最近は障害戦にも出走中!

障害戦で56キロという軽ハンデを味方に付け、まずは一勝目を挙げてほしい……そんなお馬さんです。

シゲルイナダ

父はエーシンフォワードというなかなかのマイナー血統を持つ佐賀所属の牡馬。

シゲルスズキ

かたや、父タイキシャトル母父サンデーサイレンスを持つ中央所属の牡馬。

どちらも魚シリーズの馬ですが、私にはどう見ても英語で自己紹介をする日本人にしか見えません(笑)

7月現在未勝利馬のShigeru InadaとShigeru Suzuki。まずは馬券圏内を目指して頑張って欲しい……そんなお馬さん達です。

 

シゲルムツゴロウ

サムライハートを父に持つ美浦・伊藤正徳厩舎所属の未勝利クラスの牡馬。

有明海を含む東アジアに分布するスズキ目ハセ科の魚名が由来ということで魚シリーズのはずですが……

実はこの伊藤正徳厩舎、毎年多くのシゲル軍団を預託されているシゲルオーナー御用達の厩舎。もちろん、今年デビューを迎えた14年産シゲル軍団の動物シリーズの馬も多数所属しています。

7月末までに入厩した2歳馬はキツネザル、クロジャガー、クロヒョウ、ハリネズミ、ヒグマ、ビッグホーン、ピューマ、ボスザル、ライオン、ラッコの10頭。

この動物の多さを考慮すると、伊藤正徳厩舎に居るムツゴロウはきっと「王国」の方に間違いありません(笑)

全ては偶然か必然か……それは森中蕃オーナーのみが知っているのです。


いかがでしたか?

今日も数多くの魚馬達が中央の未勝利戦や条件戦で、そして地方競馬場で出荷しています。

もちろんめでタイ結果が嬉しいですが、成績が芳しくなかった時も釣られたー!なんて思わずあたたかく応援して頂けたら幸いでスーサンジョイ!

文・みちて(Twitter:@panya111211

写真・ウマフリ写真班