スリーロールス~四番手からの伝説~

伝説の新馬戦という、競馬ファンの間での語り草となっているレースがある。

のちの皐月賞馬・アンライバルド、ダービー2着馬・リーチザクラウン――その年の牡馬クラシックで、3強と称されたうちの2頭。

さらにはG1を6勝することになる名牝・ブエナビスタ。

そうした馬たちがデビューしたのは、2008年10月26日の事だった。場所は京都競馬場。菊花賞が行われるため、場内は非常に賑わいをみせていた。


そうした賑わいのなか、もう1頭、ひっそりとデビューを果たした馬がいた。前述した3頭と同じレースにてデビューし8番人気という低評価のなか、4着となった馬がいた。当時はまだ、ほとんど誰も注目していない若駒――。

 

その名は、スリーロールス。

 

重賞で3着経験のある母を持ちながらも、姉たちは全て未勝利。近親での活躍馬を見渡してもダート地方G1のジャパンダートダービーで2着のオペラハットくらいであろう。

前述したアンライバルドは、イギリスオークス等を勝利した祖母・サンプリンセスから繋がる一流血統の出身で、兄にはダービー馬のフサイチコンコルドや重賞馬ボーンキングが、甥や姪には皐月賞馬であるヴィクトリー、重賞馬リンカーン・アンブロワーズ等がいるという、生まれながらにしての注目馬であった。

ブエナビスタにしても、G1馬の母ビワハイジを持ち、兄であるアドマイヤジャパン・アドマイヤオーラは重賞馬という、これもまた素晴らしい血統馬である。

そうした馬たちの横に立つとき、スリーロールスが少し物足りない血統に映ったとしても、それは仕方のない事だろう。単勝オッズは実に、49.7倍であった。結果は4着であったが、健闘ともいえる。何故なら、この日の新馬戦でデビューした馬は、その後11頭中10頭が中央勝利を収めたという好メンバー。5着には6年後(2014年)に重賞馬となるエーシンビートロンもいた。下位馬も骨のある馬が名を連ねていた事が、この新馬戦の奥深さかもしれない。

 

その冬から春にかけて、スリーロールスとは全く関係なく、その新馬戦は「伝説の新馬戦」として、注目を集めていった。

春。ライバルたちの台頭。

2009年、春。

アンライバルドは、ディープインパクトなどを出した出世レース若駒Sを勝利、さらにはG2スプリングSも快勝して、良血馬としての期待に応えるかたちでクラシックの舞台へと歩みを進めていた。鞍上が岩田康誠騎手だったレースは3戦全勝という、早くも名コンビ誕生の雰囲気を漂わせていた。

対するリーチザクラウンも、きさらぎ賞を勝利して重賞馬となり、これから長くコンビを組む事になる武豊騎手とも、既に絆を深め始めているように見えた。

ブエナビスタは、ベテランの安藤勝己騎手に導かれ、新馬戦のあとは3戦3勝。早くも1つ目のG1タイトル(阪神JF)を手に、2歳女王の座についていた。

 

スリーロールスはというと、3戦目で未勝利を脱出し、6戦目では毎日杯に挑戦。初の重賞出走を果たした。そこまでの5戦の間、コンビを組んだ騎手は横山騎手→岩田騎手→福永騎手→太宰騎手→福永騎手の順で変わっていて、上記の実績馬とは違い、まだまだ騎手の固定化は難しいように思えた。

そんな中、毎日杯の鞍上に選ばれたのはデビュー3年目の若手、浜中俊騎手であった。

結果は8着。

しかし、ここでスリーロールスはようやく、引退まで長くコンビを組む「主戦」の騎手と出会った事となった。

 

同日デビューした3頭が、桜花賞(ブエナビスタ)・皐月賞(アンライバルド)・オークス(ブエナビスタ)と、春クラシック4戦のうち3レースを勝利し、ダービーでも2着(リーチザクラウン)と好走するなか、スリーロールスは3歳500万下を浜中騎手を背に勝利すると、本格化を待つように休養に入った。

競馬ニュース界隈ではブエナビスタが牝馬三冠を狙うのか、凱旋門賞へと挑戦するのかに注目が集まっていた。まだ、スリーロールスの才能に、世間は気が付いていなかった。

成長、挑戦、そして。

休養が明け、陣営の努力の甲斐もあり、スリーロールスは大きな成長を遂げて帰ってきた。復帰初戦こそ落としたものの、2戦目の野分特別は2着馬ジャミールに4馬身差をつけての圧勝。その野分特別は1000万下のレースながら、2002年菊花賞馬ヒシミラクルなど多くの実力馬を輩出してきたレースである。成長を確信した陣営が次走に選んだのは、菊花賞であった。

スリーロールスが野分特別を勝利したほの翌日、予てから菊花賞を目標としていたアンライバルド・リーチザクラウンも、王道路線である菊花賞ステップレースである神戸新聞杯に出走。それぞれ2着、4着と、順調な仕上がりを見せていた。

スリーロールスがリーチザクラウン、アンライバルドと走るのは新馬戦以来の事だった。

決戦の日は、2009年10月25日。

あの新馬戦から1年。同じ競馬場での再会であった。

1番人気はリーチザクラウン。アンライバルドは3番人気。そして、スリーロールスはあの日と同じく8番人気であった。しかし、新馬戦の8番人気とは違う、G1競走での8番人気である。さすがの豪華メンバーで、どの馬も最後の世代タイトルを虎視眈々と狙っていた。のちに凱旋門賞で2着となるナカヤマフェスタ、2歳チャンプで近走復調傾向にあったセイウンワンダー、名牝エアグルーヴの息子で超良血馬のフォゲッタブル、前哨戦勝利で一気に注目を集めたイコピコ……そんな強豪たちと、スリーロールスは堂々と肩を並べた。

産まれついた環境は違えども、歩んできた道は違えども、同じ日同じ場所で、同じタイトルを目指して。

18頭の精鋭たちがスタートを切った。

レースではリーチザクラウンが大逃げをはかり、スリーロールスは3番手を、その後ろにアンライバルドがつける形でレースは進んだ。

浜中騎手は道中しっかりと折り合いをつけ、コンビを組んで5戦目の間で築き上げた絆を示す。

そして最終直線、失速したリーチザクラウンとヤマニンウイスカーの隙間をすり抜けるように、スリーロールスが加速した。アンライバルドは後方にさがっていく。このまま突き放すか……と思われた瞬間、スリーロールスはターフビジョンの映像に驚き、大きく左によれた。後ろからはフォゲッタブル達が栄光へ向けて怒涛の追い上げを見せる。これ以上の斜行は、目の前の勝利を奪われる事に繋がる。その時、浜中騎手は右手のムチを左手に持ちかえ、冷静に軌道を戻した。

結果は、ハナ差での勝利。重賞初制覇が、G1タイトルであった。浜中騎手にとっても、初めてのG1勝利。歓喜のガッツポーズが光った。

 

 

晴れて菊花賞馬となったスリーロールスは、次走を有馬記念に定めた。古馬たちとの初対決という高い壁への挑戦だったが、そこにいたのはブエナビスタ・リーチザクラウン・アンライバルドの3頭であった。同じ新馬戦で勝負の道へと足を踏み入れた4頭が、日本最高峰のレースの1つである有馬記念で再会を果たす。まさに伝説の新馬戦を思わせた。

しかし、結果はあの頃のようにはいかなかった。ブエナビスタが2着を確保しつつも、リーチザクラウンは15着、アンライバルドは17着と、他世代の精鋭たちの力量を見せつけられる結果となった。そしてスリーロールスは、そのゴールすら駆け抜ける事が叶わなかったのだ。

左前浅屈腱不全断裂。

異変に気がついた浜中騎手は第3コーナーの手前で競走を中止したが、診断は残酷なものだった。競走能力を喪失したと判断されたスリーロールスは、そのまま引退。2つ目のタイトルを手にする事はなかった。

 

時が経ち、近頃は彼らの子供の世代がデビューし始めている。アンライバルドは初年度からファルコンS勝ち馬や大井・東京ダービー馬などを輩出。リーチザクラウンは産駒のデキの良さから社台SSへの移籍を果たしている。そしてブエナビスタの初仔・コロナシオンはデビュー戦を圧勝した。

 

スリーロールスは今、種牡馬を引退し功労馬として余生を送っている。種牡馬生活中に残してきた数少ない産駒たちの中から、自身を超えるスターが現れることを信じて。

菊花賞が、伝説の新馬戦が、今年もまたやってくる。

文・横山オウキ