角居厩舎とダービー

角居厩舎のダービー初挑戦は、2007年でした。

そしてそれは初挑戦にして、初制覇となります。

 

2007年。

牝馬のウオッカが、ダービーへの出走を決めました。

利をとるか?

夢をとるか?

角居さんが自分に問いかけた時、迷わず夢をとった結果だったのだと思います。

夢を追うことを決断したとはいえ

『ホースマンの誰もが夢見るダービーという大舞台。牝馬のウオッカが出走することで、ダービーを目指していた牡馬の出走枠を、ひとつ奪ってしまう』

という思いも少なからずあったということは、想像に難しくありません。

だからこそ

「恥ずかしい競馬をするわけにはいかない」

という決意をもってのダービー出走だったのでしょう。

 

それでもやはり

「牝馬の出走は無謀」

「ダービーへの出走は理解できない」

「牝馬なんだから、オークスへ向かうべき」

といった声が、角居さん、そしてオーナーである谷水さんの耳にも届くほどだったそうです。

角居厩舎は他の重賞においてもそうですが

《ダービーだからといって特別なことはしない》

です。

それは、馬にストレスを与えないため!!

ダービーだからと、いつもと違うことをしても『百害あって一利なし』

それが角居厩舎の考え方なのです。

そしてもうひとつ。

『ダービーを勝てば全ての挑戦が許される』

ダービー馬という価値について、角居さんが口にしたとされる言葉です。

全ての挑戦。

それは海外G1への挑戦を意味するものでしょう。

ウオッカも海外G1へ挑戦しましたが、結果は残せませんでした。

今でも角居さんは、この事を

『ウオッカが残してくれた課題』

と話しています。

ウオッカの父、タニノギムレット。

2002年のダービー馬です。

そのタニノギムレットがダービーを制した際の枠順は2枠3番でした。

そしてウオッカもダービーでは2枠3番。

運命を感じずにはいられません。

角居さんがあの時そう思っていたかはわかりませんが……。

 

脱線ですが、のちにその数字がやはり運命だったのではないだろうか、と思う出来事がありました。

それは、2010年のダービー。

角居厩舎からはヴィクトワールピサ、ルーラーシップが出走。

その時のルーラーシップが2枠3番だったのです。さらには、鞍上は四位騎手!

ウオッカのダービーと同じ枠順で同じ騎手……

それだけで私の緊張と興奮が倍増したのを覚えています。

 

きっと、これからもこの《2枠3番》という数字で角居っ子が出走してきたとしたら、またあの時と同じように緊張倍増になることでしょう(笑)

 

話は戻りますが……

ウオッカのダービー最後の直線、角居さんは我を忘れて大絶叫したといいます。

そしてゴール板を過ぎてからは『頭が真っ白』だったとのこと。ウオッカのウイニングランも

すっかり忘れて……。

それからは周りの人達の祝福の言葉に涙を堪えるのに必死になり、よく覚えていないそうです。

 

いつも冷静で穏やかな角居さんをここまで変えてしまう、ダービーの勝利。

そんなところからもホースマンの夢、大舞台なんだということを実感させられます。

ちなみにウオッカのダービー祝勝会では《ウオッカギムレット》というカクテルを飲んだそうですよ!

角居厩舎  ダービー出走馬

2007年  

 ウオッカ  1着

2009年

 トライアンフマーチ  14着

2010年

 ヴィクトワールピサ  3着

 ルーラーシップ   5着

2011年

 リベルタス  中止

2013年

 エピファネイア  2着

2016年

 ヴァンキッシュラン  13着

 リオンディーズ   5着

『何事においても常識は必要。

でも常識ばかりにとらわれていると

新しいことは出来ない。

時に非常識になることは新たな道を

開拓するために必要なこと』

2007年ダービー初制覇の後に、角居さんが語った言葉。

あれからもう10年がたちました。

角居厩舎から、新たなダービー馬が誕生する日が近いことを信じています。

関連ページ

私の中の角居勝彦

ダービー特集・2017

文・大島りえ

写真・ドラゴンソルジャーB