釜山競馬場訪問記③~馬券購入とレース観戦~

【釜山競馬場訪問記】

   

さあ、今回はいよいよ馬券購入をしていきたいと思います。
競馬場の入口で購入した競馬新聞をようやく広げてみます。なるほど、さっぱりわかりません!

当然のことながら、馬名もハングル。

900mレースであることだけがかろうじて読み取れます。

タイムらしき何かが書かれているページ。

こちらは1400mレース。
なるほどなるほど……?
さて、どうしたものかなぁ、と頭を掻きつつ、とりあえずスタンド入口すぐ左にあるインフォメーションに駆け込みます。
するとお姉さんたちが、奥から日本語ガイドを持ってきてくれました!これは有難い……!
かなり親切な対応をしていただけたので困ったことがあれば頼りになるかと思います。
受付には複数人いるのもあり、英語も問題なく通じました。

まずは馬券の買い方について。

丁寧な書き方で助かります。

続いて、出馬表も見ていきます。

2歳馬、3歳馬、4歳馬が同じレースに出走していますね。この辺りは日本とは違うようです。

大体わかったような気になったのでマークシートを手に取ります。

日本とは向きが異なり、縦長です。

日本語ガイドのおかげで簡単に購入できました。

馬券はレシートみたいな質感。薄くはありますが、期待はぶ厚いです。

100ウォン単位で馬券が買えるのが気軽でした。

ファンファーレが鳴ると、サッとレースがスタート。

ダートコースを各馬が走り抜けます。

あまり激しいポジション争いはないまま、最初のコーナーへとなだれ込んでいきます。

4,5の単勝馬券を握りしめながらの応援です。

気になる結果は……?

どーん!

……あえて、当たったかは割愛させていただけたらと思います。

レース後は各馬、目の前を通って退場していきます。

レース直後で息を切らせながら歩く競走馬を間近で見られるのは、なかなか新鮮でした。

レースも観戦できたことですし、次回の記事ではスタンド内部をご紹介してみようかと思います。

>>第四回はこちら

関連ページ

競馬場へ行こう

文と写真・オガタKSN