内田博幸とダービー

「ダービーへようこそ」

このフレーズを聞くと、胸が熱くなります。

 

 

ついに4度目の登場まゆぞうです!

私にとってダービーはお祭りな1日でもあります。『有馬記念とダービーはお祭り』こう思う競馬ファンは多いのではないでしょうか。このお祭りを現地で観戦できるのは本当に幸せなことなのです。

 

今回は「内田博幸騎手とダービー」というお題をいただいたので、ウッチー主体で語りまくりたいと思います!

「リーディングジョッキーと日本ダービーを獲るために移籍した」

2008年に大井競馬から中央移籍したウッチー。2009年には総合リーディングジョッキーに!

さらに翌年、2010年の第77回日本ダービーでその夢は現実となりました。

 

エイシンフラッシュに騎乗しダービージョッキーに!!

この年は、年明け早々に落馬で骨折したこともあり心配していたのも束の間……私の感想はただ一言。

「本当にダービー勝っちゃったよ、この人」

(しかも、バク宙してるし!)

 

今回この原稿を書くにあたり久しぶりにレース映像を観たのですが……これは、泣きますね。

前が詰まっていて展開厳しいかなと思っていたら、直線で抜け出してゴール!

当時も興奮してキャーキャー騒ぎましたが、今観ても改めて感動します。

 

ずっと応援していたジョッキーがダービージョッキーになる。

夢を叶える。

 

こんなドラマ、そうそうないでしょう。当時は競馬場ではなくて家のTVの前だったけど「感動をありがとう!この高みに連れてきてくれてありがとう!」って思ってました。

そうそう、ウッチーも泣いてましたね。

 

さて、ダービーがお祭りと言いましたが、昼休みにジョッキー紹介があるのもそのひとつ。

いつの間にか、ウッチー登場の際はバク宙することがお約束に(笑)

名前を呼ばれ登場する時に、側転からのバク宙を披露。

観客は大盛り上がりです。

まさに、お祭りです。

しかし……このバク宙……個人的には心配の種なのですよ。

なにせ、過保護ファンなので。

「失敗しないか、ケガしないか」とドキドキヒヤヒヤです。

だって彼ももう47歳。

決して若くないですからね(笑)

 

2018年フェブラリーステークス、ノンコノユメ騎乗で4年ぶりに中央G1を勝利して、そこでもバク宙してましたが……1回目、失敗してますからね。

「内田博幸騎手、バク宙失敗のため騎手変更」

とかになったら嫌じゃないですか。

 

それでも……このバク宙がダービー名物になっているのは嬉しいし、やっぱり見たい!!

複雑なファン心理、というわけです。

「ダービーでウッチーのバク宙がないと寂しい」という競馬ファンは、案外多いはず。

 

他にもジョッキー紹介では、抽選で選ばれたちびっ子達が騎手に花束贈呈するのですが……正直、羨ましい!!!(笑)

私が渡したいです!

まぁ、それはともかく……このちびっ子達と触れ合う1シーンは、騎手の皆様の自然な笑顔が見られたりします。ウッチーも子供が大好きだから、顔緩みっぱなしです(笑)

ジョッキー紹介でダービーへのワクワク感が更に広がるので、現地観戦される方は是非是非ジョッキー紹介も見てくださいね!

 

2017年ダービーは、私は仕事で欠席していましたが、2016年のジョッキー紹介はとても楽しかったです。

恒例のバク宙をするウッチー。

次に登場した石川騎手が真似してバク宙するかと思いきや……あえての前転。

武豊騎手とウッチーのお喋りするメシウマショット(超個人的趣向)などなど、見どころ盛沢山でした。

2018年のダービーは5月27日東京競馬場で開催されます。

内田博幸12回目の騎乗、コンビはタイムフライヤー。

果たしてバク宙は見られるのか!?

そして、どんなドラマが待っているのか!?

 

皆でお祭り楽しみましょう!

「ダービーへようこそ」

文・まゆぞう

写真・まゆぞう、ゆーた