· 

37年と2分の情熱〜2018年ジャパンカップ〜

 

──強かった。

この一言に、尽きる。

アーモンドアイは、あまりにも強かった。

 

逃げるキセキを2番手から追いかけ、直線で差し切る。3歳牝馬ながら、歴戦の古馬のような横綱相撲。文句なしの完勝だった。

そして何より人々の度肝を抜いたのが、そのタイムである。

「2.2 0.6」という記録は、芝2400mの世界レコード。従来の日本レコードを1.5秒も塗り替える大記録だった。

 

ここでジャパンCの歴史について、少し振り返ってみようと思う。

福井謙一氏がノーベル化学賞を受賞し、黒柳徹子氏の著書「窓際のトットち ゃん」が大ヒットした1981年、第1回ジャパンCは11月22日に開催された。

予備登録の段階では牝馬で前年のケンタッキーダービーを制したジェニュインリスク、この年のアメリカ二冠馬プレザントコロニー、世界最多賞 金獲得馬(当時)のジョンヘンリーといった錚々たる名馬の名前があったが、ジェニュインリスクは怪我のため現役を退き、他の2頭も結局本登録はせず。

蓋を開けてみれば、出走した国際G1馬はザベリワンだけというメンバー構成だった。

カナダのクラシックホースが2頭来たものの、カナダのクラシックは現在に至るまで国際G1ではない。その他の招待馬もG2勝ちがある程度だった。

 

当時、多くの日本競馬ファンは「これなら日本馬にも勝利の目がある」と考えたようである。

単勝の1番人気こそザベリワンだったが、2番人気はモンテプリンス、その下にホウヨウボーイ、ゴールドスペン サーと日本馬が続いていた。

 

ところが、だ。

勝ったのはザベリワンでも、対抗の日本馬たちでもなかった。 

サクラシンゲキが逃げて作り出すハイペースの中、後方から追い込んだ5番人気メアジードーツが1着。2着にカナダのフロストキング、そのあとにザベリワンが続いた。

海外調教馬による上位独占。

勝ちタイム2.25.3は、78年にエリモジョージが記録したタイムを0.5秒上回る芝2400mの日本レコードだった。

 

こうして、世界との差を否応なく感じさせられる結果となったジャパンC。

それ以降も芝2400mの日本レコードは、このレースで更新され続けてきた。

86年第6回、イギリスのジュピターアイランドが更新。タイムは2.25. 0。

87年第7回、フランスのルグロリューが更新。2.24.9。

89年の第9回はホーリックスが勝利。タイム2.22.2は当時の世界レコードであった。

クビ差届かなかったが、オグリキャップが同タイムで走ったレースとして覚えている方も多いであろう。

その16年後、2005年の第25回でこの日本レコードは更新された。

勝ったのはイギリスのアルカセット。タイムは2.22.1。

 

 

ここまで読んで、お気付きになられたであろうか?

ジャパンCが始まって以来、その施行コースである芝2400mの日本レコードは、ずっと海外調教馬によって更新されてきたのである。

もちろん競馬は、走破タイムが全てではない。レコードタイムを1度も出さなかった名馬の名を挙げれば、枚挙にいとまがない。その一方で、何年も更新されないレコードタイムでレースを勝ちながら、特別な功績を他に残せず競馬場から消えてゆく馬も多い。

だがしかし競馬とは、速さを競う競技だ。だからやっぱり、レコードタイムには価値があると考えている。記録が更新されれば皆が話題にするのである。「世界に通用する馬づくり」を理念に掲げて開催が始まったジャパンCだが、そのレースで数々の海外馬が記録した記録に追いつけ、追い越せと、多くのホースマンたちも日々努力を重ねてきたはずだ。

 

それが2018年、初めて日本調教馬によって、レコードが更新された。

しかも幾多の日本馬が夢敗れたジャパンCというレースで、ワールドレコードというおまけの勲章まで引っ提げて。

エリモジョージの記録が塗り替えられて以来37年ぶりに、芝2400mのレコードタイムが日本馬によるものとなったのである。

しかもタイムは、その時から5.2秒も縮まった。

 

アーモンドアイは、日本競馬の歴史的瞬間を作った。

しかもまだ3歳という若さで、だ。

翌年の海外遠征に向けて、その時彼女の目にはいったいどんな未来が映っていたのだろうか。

 

文・三宅 慧

写真・Horse Memorys


トレーディングちょこんと名馬ケーブルコレクション(全6種・4500円)を5名様にプレゼント!

 

 

 

スマートフォンの充電ケーブルに接続でき、断線防止にもなる名馬フィギュアシリーズに

キタサンブラック、オジュウチョウサンに続き、人気GⅠ馬が続々参戦!

 

天皇賞・秋を圧勝したアーモンドアイや種牡馬としても期待が高まるゴールドシップ

など全6種が絶賛発売中です。

 

【商品情報】

・第38回ジャパンカップ優勝馬 アーモンドアイ号

・第24回NHKマイルカップ優勝馬 アドマイヤマーズ号

・第79回皐月賞優勝馬 サートゥルナーリア号

・第54回宝塚記念優勝馬 ゴールドシップ号

・第159回天皇賞(春)優勝馬 フィエールマン号

・第79回桜花賞優勝馬 グランアレグリア号

ランダム封入 全6種

 

上記、商品はランダム封入されておりますので何が入っているかはお楽しみの商品となっております。

 

 

 

応募はTwitterにてプレゼント企画向けツイートをリツイートしてください!

■関連記事