· 

[重賞回顧]第67回日経新春杯(GⅡ)~新星現る~

伝統の古馬G2競走「日経新春杯」。

1990年代には、カミノクレッセやムッシュシェクル、メジロブライトなど個性的な馬が勝ったレースで、競馬のオールドファンにはたまらないレースともいえます。

この原稿を書いている私自身も、1998年のエリモダンディーの大外一気の末脚は今でも忘れられず、目に焼き付いています。

 

近年は2019年のグローリーヴェイズ、2017年のミッキーロケットと、このレースの勝利をきっかけにして、後にG1レースを勝利する馬が出ているように、出世レースともなっています。

 

そのような日経新春杯ですから、今年も個性豊かでこのレースをきっかけに大きく飛躍を目指す馬が揃いました。その中でも338kgというJRA最少体重優勝記録を持ち、昨年の菊花賞で5着と好走した4歳牝馬・メロディーレーンには大きな注目と期待が集まりました。

 

■レース概況

ゲートが開くと、エーティーラッセンが積極的に先手を奪いペースを握ります。

ロードヴァンドール、レッドレオンがエーティーラッセンに続き、1番人気のレッドジェニアルはスタートが合わず後方2番手に位置取り、注目のメロディーレーンは最後方からレースを進めます。

 

スムーズに先手を奪ったエーティーラッセンですが、第1コーナーで一気にペースダウン。個別ラップを12秒台後半まで落とし、前半1000mのラップは61.6。

スローペースの前残りの展開を作ります。

 

その後もレースは淡々と流れ、直線へ。

道中で息をしっかりと入れることができたエーティーラッセンが逃げ切りをはかります。

その外からロードヴァンドール、プリンスオブペスカ、アフリカンゴールドがエーティーラッセンを捕まえに仕掛け始めました。

さらにその外では、モズベッロが鋭く伸びます。

 

残り200m。

エーティーラッセンが粘りますが、鋭く伸びたモズベッロが力強く交わして先頭へ。

その後は1馬身、2馬身と差を広げてセーフティーリードを確保します。

最後は2着レッドレオンに2馬身1/2差をつけ、快勝。

 

以降は、直線で進路取りに手間取ったレッドレオンが、残り200mで鋭く伸びて2着で入線。

3着は、最後までしぶとく粘ったエーティーラッセンが確保します。

 

人気を集めたレッドジェニアルは、出遅れとスローペースの展開が響き7着。

 

同じく後方からレースを進めたメロディーレーンも、9着と展開に泣きました。

 

 

 

■各馬短評(血統的観点をふまえて)

1着 モズベッロ(2番人気)

母ハーランズルビーは米国のダート8.5ハロンのG1アルシバイアディーズステークス2着がある実績馬で、その父はストームキャット系のHarlan's Holiday。父はディープインパクトの後継種牡馬であるディープブリランテです。

このディープブリランテは距離短縮を得意とする種牡馬で、今回のモズベッロにおいても、前走のグレイトフルステークスから100mの短縮。100mではありますが、この距離短縮が血統的にはプラスに働いた印象です。

 

また3歳の夏を越えてメキメキと力をつけており、ここにきての成長力は著しいものがあります。また前走から斤量が2kg軽くなり、スタート後に即座に好位につけスローペースの展開の利を得たことも、勝因として働きました。

2着に2馬身1/2差をつけた点は「快勝」と呼べますし、今後のさらなる成長も見込めるため、引き続き重賞戦線での活躍が期待できます。

次戦の走りが、試金石といえそうです。

 

2着 レッドレオン(5番人気)

父ディープインパクト×母父Smart Strikeの配合は、桜花賞2着のレッドオーヴァルと同じ配合です。ディープインパクト産駒らしいキレ味というよりは、機動力を活かして前々でレースを進め、早め先頭でゴールまで粘り込む形が、この馬の好走パターン。

その点で考えれば、今回直線で進路確保に手間取り、残り200mしか末脚を活かせなかった点は厳しい競馬となりました。それでも2着を確保しているわけですから、勝馬同様に評価すべき一頭かと思います。

次走以降、スムーズな競馬ができた時に重賞戦線でどこまで力が通用するか、楽しみな走りとなりました。

 

3着 エーティーラッセン(11番人気)

父は、サマーバード。

サマーバード産駒にはエーティーラッセンの他に、メイショウエイコウやサノサマーがいます。安定して成績を残すというよりは、展開がハマれば穴を空ける馬が多い点が特徴的な血統です。

今回は斤量51kgという軽斤量とスローペースの展開の利が働いての3着と考えるのが妥当でしょう。この成績を受けて、次走以降で人気を集めるようであれば少し嫌いたいですが、今後も展開がハマった際の激走は十分に考えられるため、常にマークをしておきたい馬です。

 

7着 レッドジェニアル(1番人気)

日経新春杯で好走が目立つキングカメハメハ産駒ということで、血統的視点からも人気を集めた馬でしたが、結果は7着。

前半61.6のスローペースで出遅れて、直線最後方ではさすがに厳しいです。上り3Fはモズベッロと同じ34.5とメンバー中最速ですから、今回は度外視していいレースと考えます。

 

9着 メロディーレーン(6番人気)

レッドジェニアル同様にスタートが合わず、道中は離れた最後方からレースを進め、上り3F34.9とメンバー中3位の末脚を使いながら9着。終いを活かす競馬がこの馬の脚質ですが、さすがに後ろから行き過ぎた印象です。斤量49kgで最内枠と好走が期待できる条件だっただけに、少しもったいない競馬だったように感じます。

オルフェーヴル産駒だけに、古馬になってからの成長は期待できますので、今後の巻き返しに期待です。

 

■総評

今年の日経新春杯は展開や斤量がハマったとはいえ、勝ったモズベッロの強さが際立ったレースでした。2着のレッドレオンも直線スムーズさを欠きながら、2着を確保と強さをみせています。

この2頭については、今後も重賞戦線での活躍が期待できそうです。

 

人気を集めたレッドジェニアル、注目を集めたメロディーレーンについても、展開が向かず力負けではありません。

こちらも、次走以降のレースに注目したいところです。

 

文・KAZU

写真・かぼす

■関連記事