· 

360度馬主さん!「新宿区馬主会」懇親会に見た、競馬界の希望

競馬の世界には様々な「人」が関わっている。

騎手、調教師、厩務員、獣医師、装蹄師──。

そして、競走馬を所有する「馬主」もまた、競馬に欠かすことの出来ない「人」だろう。

 

さて、みなさんは「馬主」というと、どんな人物を想像するだろうか?

 

例えば、キタサンブラックの北島三郎氏。

もしくは、コパノの冠名でお馴染みのDr.コパ氏。

 

そういった特別な人がなるもので、自分には関係のない世界だ──そう思っている人も多いかもしれない。

しかし、本当にそうなのだろうか?

 

いわゆる超お金持ちな『選ばれし人物』しか「馬主」にはなれないのだろうか?

 

 

それは、桜が満開の見頃を迎えた4月の最初の夜のこと。

夜桜見物よりも胸躍る場所を、私は目指していた。

冬に逆戻りしたかのような寒さの中、辿り着いたそこは川崎競馬場。

「花より競馬」というわけだが、その日の目的は競馬をすることだけではなかった。

 

川崎競馬場のパドックから続くエスカレーターを上る。

すぐ左手のエレベーターに乗り、1号スタンド3階へ。

受付を済ませると、そこから先は高級感の漂う華やかなフロアだ。

 

向かったのは、川崎競馬場の貴賓室。

緊張の手付きで扉を開けると、活気に満ちた空気が一気に押し寄せてくる。

一瞬で、熱気の渦に飲み込まれる。

 

熱い「馬主」たちの世界が、そこには広がっていた。

 

 

「新宿区馬主会」は馬主同士の交流サークルだ。JRAや地方の馬主資格を持っている、もしくは取得しようと思っている人たちの交流の場となっている。

馬主同士の情報交換、これからデビューする新人馬主のサポートなども行いつつ、楽しく時を過ごす。

その4回目の懇親会に潜入した。

 

ちなみに「新宿区」とあるが、これは立ち上げ時のメンバーが新宿で交流していたことからつけられただけであり、馬主資格を持っている人、馬主の世界を目指す人なら、どこに住んでいても参加出来るという。

 

私が貴賓室に着いた時には、すでに30名以上の馬主たちが思い思いにその空間を楽しんでいた。

馬券を買うことに集中している人もいれば、馬券は一切買わずに仲間との会話に夢中になっている人もいる。

 

馬主歴10年という人、リアルダビスタさながら馬主を経て自分で牧場を持った人、ほぼ全国の地方競馬に自分の馬を持っている人──。

話を伺ってみると、とにかくその内容の濃さにとにかく驚かされる。

誰もが違ったストーリーを抱え、そしてそのどれもがドラマチックなのだ。

その場にいたひとりひとりが、それぞれ唯一の輝きを放っている。

 

 

プロフェッショナルな馬主もいれば、そうではない、初心者マークをつけた馬主や馬主見習いもいる。

 

 

■馬主という未知の世界を知るために。

 

馬主って、どんな人達なのだろう。

どんなことを話しているのだろう。

 

「新宿区馬主会」への参加は、今回がはじめてだという男性。

実は参加するのが少し怖かったのだと、そっと教えてくれた。

 

馬主の資格をとったばかりで自分の馬はまだ持っていないため、預託先やどんな競走馬を持つのがよいかなど、皆さんからお話を伺おうとやって来たという。

このように交流のみならず、様々な情報交換のために参加している方は少なくない。

しかし、如何せんはじめての馬主同士の交流ということもあり、最初はかなり緊張されていた様子だった。

 

そして、そんな緊張の中、懇親会がスタートする。

すると、どうだろう。

他の馬主の皆さんはとても親切で、親身に色々と相談に乗ってくれた。

「少し怖い」という不安な気持ちは、全くの杞憂だったと気がついたそうだ。

最後はこの場をとても楽しんでいる様子で、

 

「参加出来てよかったです」

 

そう笑顔を見せ、近い未来に自分が持つ馬を思いながら、瞳を輝かせていた。

 

 

■趣味の乗馬から、馬主へ。

 

これから馬主の資格を取得する予定だと語ってくださった女性。趣味は、乗馬だという。

 

馬は身近な存在として、日頃から接してきた方である。

小学校1年生の頃より乗馬をしているということで、馬への想いも並々ならぬものがあるのだろう。

 

「自分の所有する競走馬が引退したら、自分の乗用馬にしたいんです」

 

競走馬が引退後に乗馬として活躍するのはよく耳にするが、馬主がそのまま自分の乗用馬にするというのは、あまり聞かない。

 

昨今、引退馬の行く先の支援などが叫ばれているが、「新宿区馬主会」では引退後のこともきちんと考えている馬主が多い印象だった。

皆、馬と競馬を心から愛し、盛り上げていきたいと思っているのだ。

その中でも、この方の「引退後は自分の乗用馬に」という発想は、特に素敵に思えた。

 

 

■念願の馬主デビューを迎えて。

 

そして、この日の川崎9レースにて馬主デビューを果たした方もいる。

 

「緊張しますが、無事に走り終えてくれれば」

 

そう笑顔を見せつつも、やはりなんだか少し落ち着かない様子。

パドックが始まると、参加者の多くが応援のため降りていく。

パドックの馬主用スペースに詰めかけた大勢の馬主仲間。

「重賞でもないのに、この人数の馬主は普通来ませんよ」と笑っている方もいた。

皆の見守る眼差しからは、「新宿区馬主会」の馬主同士の繋がりのあたたかさが感じられた。

こうした馬主同士の「横のつながり」は、今後、競馬界を牽引していく力になるのではないだろうか。

 

レース終了後、再びお話させていただくと、その安堵の想いを繰り返し口にしていた。

 

「とにかくホッとしました」

 

結果は、6着。

しかし着順以上に、馬主目線での競馬の楽しさや面白さを、私自身も感じられた。

そんなレースだった。

 

 

 

 

「馬主」と一言で言っても、色々な馬主がいる。

持っている馬の頭数も違えば、中央・地方の違いもある。

また、どうして馬主になろうと思ったのかも、どうやって馬主になったのかも、人それぞれ違っている。

 

馬主になる道は、一通りではない。

 

だからこそ馬主同士の繋がりは面白く、「新宿区馬主会」はこんなにも充実度の高いサークルとなっているのだろう。

 

実際に話してみると、どの方も気さくに色々と語ってくださり、馬主ではない私にもとても親切にしてくださった。

「馬主」だからと言って、変に気取っていたり、威張っていたりといったことは決してない。

むしろ謙虚さすら感じられ、真摯なまでの競馬を愛する想いが伝わってきた。

 

もしかしたら、お金持ちかどうかは、二の次なのかもしれない。

競馬を深く愛する、楽しむ気持ち。

それを持つ人が出会った競馬のひとつの楽しみ方こそが、「馬主」なのではないだろうか。

競馬への愛と情熱を持って、「馬主」という視線で競馬を見つめてみるのも、面白そうだ。

最終レースが終わり、二次会へと向かう彼らの背中を眺めながら、とても満ち足りた気分になっている自分に気がつく。

 

勢いのある馬主たちの集まった「新宿区馬主会」は、物凄い熱量をもっていた。

 

それは、競馬界に差し込む希望の光のようにも、私には感じられたのだった。

 

文・笠原小百合

写真・新宿区馬主会

■関連記事